疲れのメカニズム

心と体の違いを理解

疲労感や慢性疲労は現代の世の中では誰もが感じたことがあるのではないでしょうか。朝起きた時から体がだるいのが続いたりしてる人も多いようです。疲労とは過度の肉体疲労や精神的疲労によるものが考えられます。原因が明確にわかっている場合に休養をとったり精神的な作業をやめるなどしないと慢性疲労へとも繋がってしまいます。疲労にはちゃんと睡眠や休息をとる事で改善するものとしないものに分かれるため、まずはしっかりと休むようにすることが重要です。
ただし、休んでも回復した感じがしない場合や、自分で疲労感に対する自覚がない場合は厄介です。さらに、休むに休めない時にどうするか、それもまた、疲労感や慢性疲労を改善するためには欠かせない視点です。

栄養でカバーする

ここで知っておきたいのは、疲労感や慢性疲労は摂取する栄養でカバーすることが出来る分野の問題でもある、ということです。
例えば、肉体的な疲労としてはタンパク質やビタミンBに注目すると良いです。また、慢性疲労時に機能が低下している副腎と呼ばれる組織のフォローに使えるという観点で、ビタミンCにも注目できます。
精神的な疲労をカバーするためにはセロトニンと呼ばれるホルモンに注目するのが欠かせず、最近ではセロトニン生成にギャバが効果を発揮するという発見もあります。
これらの成分を効率よく摂取できるサプリメントを使っていけば、疲労感の回復にも、蓄積した慢性疲労の改善にも、良い成果を期待できます。手軽に取り入れられるため、まずは使ってみるのが最適な対策です。